MENU

社会連携ラボ

ナノキャリア株式会社

難治がん(悪性脳腫瘍)を標的化し駆逐できるナノマシンの研究開発

ナノキャリア連携ラボ

ナノキャリア株式会社は、東京大学の片岡一則教授、東京女子医科大学の岡野光夫教授らが発明されたミセル化ナノ粒子技術による医薬品の開発を目的に設立されました。

現在、この技術から創製された第一世代のナノマシンをワールドワイドに臨床開発中で、これに続く次世代キャリアシステムであるセンサー搭載型のナノマシンとして ADCM の研究など技術の拡大・発展に精力的に取り組んでいます。

ここ iCONM では、脳腫瘍の中でも特に治療が難しい悪性膠芽腫にフォーカスして、国立がん研究センターの松村グループと共同でセンサーを搭載したナノマシンの研究を行っています。さらに、これを足掛かりに、脳への薬の送達障害となっている脳血管関門を突破するためのセンサー開発へと進んでいくことを考えています。