MENU

メンバー

上野 真吾 ウエノ シンゴ / UENO Shingo

上野 真吾

所属

一木ラボ

職位

副主幹研究員

学位

博士(学術)

その他の所属

東京大学大学院工学系研究科 客員研究員

URL

一木ラボWEBサイトResearchmap

研究内容(研究キーワード)

酵素、抗体、ペプチド、核酸といった生体高分子は、それらがもつ高度な機能性から、医療をはじめ様々な分野で用いられている。これら生 体高分子の高機能化や新規開発は、医療やエネルギーなどの地球規模問題の解決の一助となり得る。天然の生体高分子は、生命の進化とともにその機能を向上さ せてきた。この自然界の分子創製メカニズムを工学的に研究・応用することで、生体高分子の高機能化や新規創製を可能とする技術の開発を進めている。現在 は、数cm角のチップ上で数百万種以上の生体高分子を発現させ、人工的に淘汰・進化させる高速分子進化マイクロアレイの開発に注力している。

研究キーワード

進化分子工学、in vitro selection、マイクロアレイ

略歴

学歴

  • 2002年3月

    埼玉大学工学部機能材料工学科 卒業

  • 2004年3月

    埼玉大学大学院理工学研究科 博士前期課程 修了

  • 2007年7月

    埼玉大学大学院理工学研究科 博士後期課程 退学

  • 2007年9月

    博士(学術) (埼玉大学、伏見譲教授)

職歴

  • 2007年8月-2010年3月

    埼玉大学理学部 生体制御学科 産学官連携研究員(坂井貴文教授研究室)

  • 2010年4月-2012年3月

    埼玉大学工学部 機能材料工学科 産学官連携研究員(根本直人教授研究室)

  • 2012年4月-2015年3月

    東京大学大学院工学系研究科 特任研究員(一木隆範教授研究室)

  • 2015年4月- Present

    ナノ医療イノベーションセンター 副主幹研究員

  • 2015年- Present

    埼玉大学 非常勤講師

業績

<原著論文>

  1. In situ synthesis and immobilization of enzyme molecules on microreactor array chips
    S. Ueno, T. Hirai, S. Sato, M. Biyani, H. Kuramochi, R. Iizuka, T. Akagi, T. Funatsu, T. Ichiki
    J. Photopolymer Sci. Technol 28, 719 -726 (2015).
  2. Temperature-controlled microintaglio printing (TC-μIP) for high-resolution micropatterning of transcribed RNA molecules
    R. Kobayashi, M. Biyani, S. Ueno, S. R. Kumal, H. Kuramochi, T. Ichiki
    Biosens. Bioelectron. 67, 115-120 (2015).
  3. Photo-assisted fabrication of ribosome display microarray
    S. R. Kumal, R. Kobayashi, S. Ueno, T. Ichiki
    J. Photopolymer Sci. Technol. 27, 459-465 (2014).
  4. Evaluation of poly(dimethylsiloxane) microreactors for pattern size miniaturization of microintaglio-printing-based protein microarray
    M. Biyani, Y. Tanaka, S. Sato, S. Ueno, T. Ichiki
    Jpn. J. Appl. Phys. 53, 06jl04 (2014).
  5. Microintaglio printing of in situ synthesized proteins enables rapid printing of high-density protein microarrays directly from DNA microarrays
    M. Biyani, J. Moriyasu, Y. Tanaka, S. Sato, S. Ueno, T. Ichiki
    Appl. Phys. Express 6, 087001 (2013).
  6. Simultaneous synthesis and biotinylation of proteins using puromycin-based labeling technology for fabrication of protein array chip
    S. R. Kumal, M. Biyani, S. Ueno, T. Akagi, T. Ichiki
    Jpn. J. Appl. Phys. 52, 06GK09 (2013).
  7. Improvement of a puromycin-linker to extend the selection target varieties in cDNA display method
    S. Ueno, S. Kimura, T. Ichiki, N. Nemoto
    J. Biotechnol. 162, 299-302 (2012).
  8. Photoassisted recovery of DNA molecules for on-chip directed evolution
    S. Ueno, A. Ono, R. Kobayashi, Y. Tanaka, S. Sato, M. Biyani, N. Nemoto, T. Ichiki
    J. Photopolymer Sci. Technol. 25, 67-72 (2012).
    THE BEST PAPER AWARD 2013
  9. In vitro selection of a peptide antagonist of growth hormone secretagogue receptor using cDNA display
    S. Ueno, S. Yoshida, A. Mondal, K. Nishina, M. Koyama, I. Sakata, K. Miura, Y. Hayashi, N. Nemoto, K. Nishigaki, T. Sakai
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 109, 11121-11126 (2012).
    プレスリリース 新聞報道: 日経新聞他 Highlighted in SciBX (NPG): SciBx 5(27)
  10. cDNA display: rapid stabilization of mRNA display
    S. Ueno, N. Nemoto
    Methods Mol. Biol. 805, 113-135 (2012).
  11. Antagonistic effect of disulfide-rich peptide aptamers selected by cDNA display on interleukin-6-dependent cell proliferation
    N. Nemoto, C. Tsutsui, J. Yamaguchi, S. Ueno, M. Machida, T. Kobayashi, T. Sakai
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 421, 129-133 (2012).
  12. An mRNA-protein fusion at N-terminus for evolutionary protein engineering
    S. Ueno, H. Arai, M. Suzuki, Y. Husimi
    Int. J. Biol. Sci. 3, 365-374 (2007).
  13. Multi-line split DNA synthesis: a novel combinatorial method to make high quality peptide libraries
    I. Tabuchi, S. Soramoto, S. Ueno, Y. Husimi
    BMC Biotechnol. 4, 19 (2004).

<Proceedings>

  1. High-density self-assembled bead microarray technology for high-throughput aptamer screening
    A. Jain, S. Sato, S. Ueno, T. Ichiki
    Proceedings of The 19th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, 900-902 (2015).
  2. Ribosome display microarray using μ-intaglio printing and photo-crosslinking without removal of stop codons from DNA
    S. R. Kumal, R. Kobayashi, S. Ueno, T. Ichiki
    Proceedings of The 18th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, 1817-1819 (2014).
  3. Enzyme-immobilized microwell array for on-chip directed evolution of enzymes
    S. Ueno, T. Hirai, A. Tamada, M. Biyani, R. Iizuka, T. Funatsu, T. Ichiki
    Proceedings of The 18th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, 1802-1804 (2014).
  4. Fabrication of planar microfluidic device for artificial darwinian selection technology
    S. Sato, T. Fukuda, T. Hirai, S. Ueno, M. Biyani, T. Akagi, T. Ichiki
    Proceedings of The 17th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, 1460-1462 (2013).
  5. Protein-DNA conjugate array chip for on-chip directed evolution
    S. Ueno, R. Kobayashi, M. Biyani, T. Ichiki
    Proceedings of The 17th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, 1463-1465 (2013).
  6. Spot-selective DNA recovery from DNA microarray chips for on-chip directed evolution
    S. Ueno, A. Ono, R. Kobayashi, Y. Tanaka, S. Sato, M. Biyani, N. Nemoto, T. Ichiki
    Proceedings of The 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, 1300-1302 (2012).
  7. Design of various high quality random libraries for in vitro protein evolution
    S. Soramoto, S. Ueno, I. Tabuchi, Y. Husimi
    Genome Informatics 13, 527-528 (2002).

<その他著作>

  1. 上野真吾、一木隆範
    『バイオチップの基礎と応用―原理から最新の研究・開発動向まで―』
    伊藤嘉浩 監修(担当:分担執筆、範囲:無細胞タンパク質合成系を利用したタンパク質マイクロアレイ)
    株式会社 シーエムシー出版(2015年10月15日発刊 ISBN: 978-4-7813-1079-4)
  2. 上野 真吾、ビヤニ マニッシュ、佐藤 秀介、ラジ・クマール スバシニ、倉持 宏実、 赤木 貴則、一木 隆範
    「高集積マイクロアレイ研究開発の現状と動向」
    分析化学 64(6), 421-429 (2015).
  3. 根本直人、望月佑樹、上野真吾
    「cDNA displayによる分子デザイン-mRNA display(in vitro virus)からcDNA displayへ-」
    生物物理 53, 250-253 (2013).
  4. 上野真吾
    『進化分子工学―高速分子進化によるタンパク質・核酸の開発―』
    伏見譲 監修(担当:分担執筆、範囲:進化分子工学による細胞膜受容体結合ペプチドの創製)
    株式会社 エヌ・ティー・エス (2013年10月発刊 ISBN: 978-4-86469-079-9)
  5. 上野真吾、坂田一郎、坂井貴文
    特集 細胞膜受容体「グレリン受容体(GHS-R)とアンタゴニスト」
    生体の科学 64 (5), 408-409 (2013)
  6. 上野真吾、坂田一郎、坂井貴文
    「進化分子工学的手法による成長ホルモン分泌促進因子受容体拮抗ペプチドの探索」
    比較内分泌学 38(147), 215-217 (2012)
  7. 上野真吾
    質疑応答「食欲を抑制する人工ペプチドの概要」
    日本医事新報 No.4616 (2012年10月13日発行)
  8. 上野真吾、坂井貴文
    増刊号: ホルモンの病態異常と臨床検査「ホルモンの検査 6)アプタマー解析」
    臨床検査 52(11): 1151-1158 (2008)

<受賞>

  • The Society of Photopolymer Science and Technology, The Photopolymer Science and Technology Award, The Best Paper Award 2013,
    "Photoassisted recovery of DNA molecules for on-chip directed evolution"
    S. Ueno, A. Ono, R. Kobayashi, Y. Tanaka, S. Sato, M. Biyani, N. Nemoto, T. Ichiki
    2013年6月
  • 第14回東京大学生命科学シンポジウム優秀ポスター賞
    「酵素の人工進化を目的とした酵素固定化マイクロアレイ」
    上野真吾、平井辰典、ビヤニマニッシュ、飯塚怜、船津高志、一木隆範
    2014年4月
  • 第13回東京大学生命科学シンポジウムポスター賞
    「タンパク質のハイスループット解析を目的としたcDNAディスプレイマイクロアレイ」
    上野真吾、小林遼、佐藤秀介、小野愛子、ビヤニマニッシュ、一木隆範
    2013年6月

<特許>(公開済み)

  1. 発明の名称:核酸の検出方法、検出プローブ、マイクロアレイ、核酸検出キット、核酸‐検出プローブ‐捕捉プローブ複合体、核酸固定化担体、及び流体デバイス
    発明者:一木隆範、上野真吾、上野太郎、船津高志、鈴木久皇
    出願人:国立大学法人東京大学、株式会社ニコン
    出願番号:特願2013-214107
  2. 発明の名称:タンパク質アレイ又はペプチドアレイの製造方法、機能性タンパク質又は機能性ペプチドの同定方法、タンパク質アレイ又はペプチドアレイ、及び、機能性タンパク質又は機能性ペプチド同定キット
    発明者:一木隆範、上野真吾、大澤日佐雄
    出願人:国立大学法人東京大学、株式会社ニコン
    出願番号:PCT/JP2014/070583、特願2013-180693
  3. 発明の名称:核酸リンカー
    発明者:一木隆範、上野真吾、マニッシュビヤニ、小林遼、塩野博文
    出願人:国立大学法人東京大学、株式会社ニコン
    出願番号: PCT/JP2014/055943、特願2013-50936
  4. 発明の名称:RNAマイクロアレイの製造方法及びRNAマイクロアレイ
    発明者:塩野博文、根本直人、上野真吾、一木隆範
    出願人:株式会社ニコン、国立大学法人埼玉大学、国立大学法人東京大学
    出願番号: 特願2012-62452
  5. 発明の名称:タンパク質アレイの製造方法及びタンパク質アレイ
    発明者:根本直人、上野真吾、一木隆範、塩野博文
    出願人:国立大学法人埼玉大学、国立大学法人東京大学、株式会社ニコン
    出願番号:特願2012-62451
  6. 発明の名称:核酸リンカー
    発明者:根本直人、上野真吾
    出願人:国立大学法人埼玉大学
    出願番号: PCT/JP2012/078488、特願2013-541861
  7. 発明の名称:タンパク質固定化固相、及びポリヌクレオチド固定化固相、並びに、核酸回収方法
    発明者:上野真吾、根本直人、一木隆範、塩野博文、大澤日佐雄
    出願人:国立大学法人東京大学、国立大学法人埼玉大学、株式会社ニコン
    出願番号:PCT/JP2012/078321、特願2013-541836
  8. 発明の名称:酵素様活性を有するタンパク進化用リンカー及びそのリンカーを用いた酵素様活性を有するタンパクのスクリーニング方法
    発明者:根本直人、上野真吾、福島貴之、熊地重文
    出願人:国立大学法人埼玉大学
    出願番号:特願2011-177076
  9. 発明の名称:mRNA/cDNA-タンパク質連結体作製用リンカーとそれを用いたヌクレオチド-タンパク質連結体の精製方法
    発明者:根本直人、上野真吾
    出願人:国立大学法人埼玉大学
    出願番号:特願2011-000608
    特許番号:特許5858415号
  10. 発明の名称:新規な成長ホルモン分泌促進因子受容体阻害プペチド
    発明者: 坂井貴文、上野真吾、西垣功一、三浦健寿
    出願人:国立大学法人埼玉大学、第一三共株式会社
    出願番号:特願2010-52626
    特許番号:特許5697127号

所属学会

日本分子生物学会、日本生物物理学会