2018 年 9 月 2 日更新
近年のバイオサイエンスの進展と相呼応して、生体あるいはその構成要素(タンパク質・細胞など)とのインターフェースで機能する材料、すなわち、バイオマテリアル(Biomaterials)に対する関心は非常に大きくなってきている。バイオマテリアルの中には、人工臓器、ドラッグデリバリーシステム、バイオセンサなどの先端デバイスの中核素材として、すでに実用化されているものも数多い。また、外部刺激に応答してその構造や機能を変化させる材料(インテリジェントマテリアル)や、細胞の増殖・分化を適切な方向へ誘導する細胞応答制御材料といった新しいバイオマテリアルの研究・開発も各所で活発に進められるようになってきている。
------片岡一則編「生命材料工学」(裳華房)より

〒210-0821 神奈川県川崎市殿町 3-25-14
公益財団法人川崎市産業振興財団 ナノ医療イノベーションセンター Access Map

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学政策ビジョン研究センター    Access Map
2018.09.02
片岡一則 センター長がドイツの Johannes Gutenberg 大学(マインツ大学)から名誉博士号(Doktor der Naturwissenshaften ehrenhalber; Dr. rer. nat. h. c.)を授与されました。マインツ大学の名誉博士号は、世界的に高い研究業績をあげた研究者に授与されており、今回は片岡センター長の「高分子医薬の創製とその抗がん剤への応用」に関する研究が同大学の「化学・薬学・地球科学部門」で高く評価され、部門としては 8 年ぶりの授与に至ったものです。授与式は 8 月 31 日にマインツ大学で執り行われ、記念シンポジウムが同時に開催されました。
授与式および記念シンポジウムの様子
プログラム
2018.07.31
7 月 25 日に Chemical Reviews へ掲載された総説 "Block Copolymer Micelles in Nanomedicine Applications" (Volume 118, Number 14, Pages 6844-6892) がオープンアクセスとなりました。
Block Copolymer Micelles in Nanomedicine Applications
2018.07.18
片岡一則 センター長が以下の番組に出演します。
▶ (7/19) 9:10 〜 9:35 頃 TV朝日
羽鳥慎一モーニングショー
2018.07.08
サビーナ 主任研究員がクラウドファンディング挑戦を開始しました。
皆さまのご支援、ご協力を是非宜しくお願い致します。
▶ 学術系クラウドファンディングサイト「academist」
脳腫瘍は克服できるのか?ナノマシンで挑む!