MENU

メンバー

持田 祐希 モチダ ユウキ

持田 祐希

所属

片岡・喜納ラボ

職位

主任研究員

学位

博士(工学)

その他の所属

東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻(客員研究員)

URL

http://iconm.kawasaki-net.ne.jp/kklab/index.html

研究内容(研究キーワード)

キーワード

ドラッグデリバリーシステム、高分子ミセル、がんの標的治療、高分子高次構造、高分子錯体、がん免疫療法

研究課題

  1. がんの微小環境を標的するリガンド分子を搭載した高分子ミセル型DDSのがん幹細胞治療への展開
  2. 還元環境に応答するプロドラッグ型高分子ミセルを用いた超選択的がん治療法の開発
  3. 高分子高次構造に着目した高分子ミセル型DDSの機能化
  4. がん免疫機構を標的とする高分子ミセル型DDSの開発

略歴

学歴

  • 2005年03月

    鳥取県立米子東高等学校 卒業

  • 2009年03月

    東京大学工学部化学生命工学科 卒業

  • 2011年03月

    東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 修士課程修了

  • 2014年03月

    東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 博士課程修了 博士(工学)
    博士論文「白金錯体制がん剤を内包する高分子ミセルの特性解析と生物活性に関する研究」

職歴

  • 2011年04月-2013年03月

    日本学術振興会特別研究員(DC1)

  • 2014年04月-2015年03月

    東京大学大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター臨床医工学部門 特任研究員

  • 2015年04月-2015年05月

    川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター 研究員

  • 2015年06月-

    川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター 主任研究員

業績

論文

  1. K. Suzuki, Y. Miura, Y. Mochida, T. Miyazaki, K. Toh, Y. Anraku, V. Melo, X. Liu, T. Ishii, O. Nagano, H. Saya, H. Cabral, K. Kataoka, Glucose transporter 1-mediated vascular translocation of nanomedicines enhances accumulation and efficacy in solid tumors. J. Control. Release 2019, 301, 28-41
  2. Y. Yi, H. -J. Kim, M. Zheng, P. Mi, M. Naito, B. S. Kim, H. S. Min, K. Hayashi, F. Perche, K. Toh, X. Liu, Y. Mochida, H. Kinoh, H. Cabral, K. Miyata, K. Kataoka, Glucose-linked sub-50-nm unimer polyion complex-assembled gold nanoparticles for targeted siRNA delivery to glucose transporter 1-overexpressing breast cancer stem-like cells. J. Control. Release 2019, 295, 268-277
  3. A. H. Ranneh, H. Takemoto, S. Sakuma, A. Awaad, T. Nomoto, Y. Mochida, M. Matsui, K. Tomoda, M. Naito, N. Nishiyama, Ethylenediamine-based betaine structure switches the neutral net harge of polyzwitterion into cationic at tumorous pH for effective tumor accumulation of the coated Nanomaterials. Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, 5057-5061
  4. K. Miyano, H. Cabral, Y. Miura, Y. Matsumoto, Y. Mochida, H. Kinoh, K. Iwata, O. Nagato, H. Saya, N. Nishiyama, K. Kataoka, T. Yamasoba, cRGD peptide installation on cisplatin-loaded nanomedicines enhances efficacy against locally advanced head and neck squamous cell carcinoma bearing cancer stem-like cells. J. Control. Release 2017, 261, 275-286
  5. Y. Mochida, H. Cabral, K. Kataoka, Polymeric micelles for targeted tumor therapy of platinum anticancer drugs. Expert Opin. Drug Deliv. 2017, 14, 1423-1438
  6. M. Wang, Y. Miura, K. Tsuchihashi, K. Miyano, O. Nagano, M. Yoshikawa, A. Tanabe, J. Makino, Y. Mochida, N. Nishiyama, H. Saya, H. Cabral, K. Kataoka, Eradication of CD44-variant positive population in head and neck tumors through controlled intracellular navigation of cisplatin-loaded nanomedicines. J. Control. Release 2016, 230, 26-33
  7. J. Makino, H. Cabral, Y. Miura, Y. Matsumoto, P. Mi, H. Kinoh, Y. Mochida, N. Nishiyama, K. Kataoka, cRGD-installed polymeric micelles loading platinum anticancer drugs enable cooperative treatment against lymph node metastasis. J. Control. Release 2015, 220 PartB, 783-791
  8. O. F. Mutaf, A. Kishimura, Y. Mochida, A. Kim, K. Kataoka, Induction of secondary structure through micellization of an oppositely charged pair of homochiral block- and homopolypeptides in an aqueous medium. Macromol. Rapid. Commun. 2015, 36, 1958-1964
  9. Y. Mochida, H. Cabral, Y. Miura, F. Albertini, S. Fukushima, K. Osada, N. Nishiyama, K. Kataoka, “Bundled Assembly of Helical Nanostructures in Polymeric Micelles Loaded with Platinum Drugs Enhancing Therapeutic Efficiency against Pancreatic Tumor”, ACS Nano, 2014, 8, 6724-6738
  10. S. Quader, H. Cabral, Y. Mochida, T. Ishii, X. Liu, K. Toh, Y. Miura, N. Nishiyama, K. Kataoka., Selevtive intracellular delivery of proteasome inhibitors through pH-sensitive polymeric micelles directed to efficient antitumor therapy, J. Control. Release 2014, 188, 67-77
  11. K. Osada, H. Cabral, Y. Mochida, S. Lee, K. Nagata, T. Matsuura, M. Yamamoto, Y. Anraku, A. Kishimura, N. Nishiyama, K. Kataoka, Bioactive Polymeric Metallosomes Self-Assembled through Block Copolymer-Metal Complexation, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 13172-13174
  12. M. Kawahara, Y. Shimo, A. Hitomi, Y. Mochida, T. Sogo, H. Ueda, T. Nagamune, Fluorescein-responsive migration of mammalian cells equipped with an antibody/receptor chimera, J. Biosci. Bioeng. 2009, 108, S33

著書

  1. 持田祐希,山崎裕一,片岡一則.“4. 5. 1 高分子ミセル”.現代界面コロイド化学の基礎:原理・応用・測定ソリューション.日本化学会編. 第4版,東京,丸善出版,2018,p. 204-206,ISBN 978-4-621-30291-0.

受賞

  • 2014.11 第23回ポリマー材料フォーラム 優秀発表賞
  • 2014.07 第43回医用高分子シンポジウム 最優秀賞
  • 2014.03 工学研究科長賞(博士論文)

研究費

  • 2019-2021 科研費 若手研究「経口投与で全身のがんを標的化する新規ププロドラッグ型高分子ミセルの開発」
  • 2017-2018 科研費 若手研究(B)「超分子金属錯体の特異性を駆使したsiRNAキャリアの構築と難治がん治療への展開」
  • 2016-2019 科研費 基盤研究(B)「妊娠したがん患者を安全かつ効果的に治療するナノ医薬戦略の開発」(分担)
  • 2015-2016 科研費 挑戦的萌芽研究「ビタミンCにより活性化される酸化型高分子ミセルを用いた超選択的がん治療法の開発」
  • 2011-2012 科研費 特別研究員奨励費 「PEG-ポリアミノ酸ブロック共重合体高次構造を制御した高分子ミセル型DDSの創製」

所属学会

  • 高分子学会
  • 日本バイオマテリアル学会
  • 日本DDS学会
  • American Chemical Society